猫好き主婦の家計建て直し計画
ちょっと足りない生活費、借りて返して、あっという間に100万円。建て直します我が家の家計。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

変動金利ってどうよ?

皆さまご存知のとおり、住宅ローンの適用利率種類には
「固定型」と「変動型」がある。

「固定型」は、その名のとおり契約時の金利が一定期間固定される。
だいたい3年、5年、10年...最長で支払いの全期間固定型という商品も
最近では見かける。

「変動型」は金利が固定されず、市場の金利が上がれば利率も上がり
下がれば利率も下がるという不安定なものだ。

ただし、変動型のメリットは、固定型にくらべ金利が格段に安いのだ。

固定型は、いわば金利を一定期間保証してもらうようなものだから、
突然利率が上がってローンの支払額が跳ね上がるなんてことはない。
その分「変動型」に比べて金利は高い。でも安心。

さて、ここまで読んでみて、あなたならどうする?
恐らく「固定型」を選ぶ人が圧倒的に多いだろう。
我が家も、前回はもちろん「固定型」を選んだ。(だって、怖いもん)

「固定型」の安心と「変動型」の低金利を兼ね合わせた商品はないものか...?
そう思っていたとこに紹介されたのが、今回住宅ローン借り換えをお願いしたソニー銀行だった。

 「固定変動併用プラン」 

市場の景気動向に合わせて固定型、変動型を自由に選べる返済プランだ。
見直しの時期は半年に一度。
ちなみに我が家は今年の1月から変動金利での借り換えをお願いしたので、
7月までは変動型が適用される。
今年の5月か6月に見直しを検討し、景気が上昇傾向にあれば
固定型への変更も可能。
ただし、今年の3月くらいから一気に景気が上向いた場合、悪くすれば
借り換え前の利率よりも高い金利で支払わねばならなくなる。

ここまでくると、ほとんど博打の世界だ。

幸いにも、借り換えキャンペーン中の契約だったため、
0.7%の金利優遇を受けられる。
これはかなりのメリットだった。

ある日突然、2%も3%も金利が上がるとは考えにくいので、
今回は「固定変動併用型プラン」に決める事にした。

...が、果たして、半年後に泣くか笑うか...???


  1. 2006/01/17(火) 14:57:22|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

住宅ローン借り換え完了!

昨年の夏から進めてきた住宅ローンの借り換え。
先日、やっと完了した。

これまでの支払額 年利2.650% 
 毎月の支払額85,831円 
 ボーナス月230,151円 

自宅を購入したのは、約6年前。
年利2.65%は、その当時妥当な金利であったし、無理な支払額ではなかった。
だが、毎月の生活費のマイナス分をボーナスで補っていた我が家にとって
ボーナス一括払いで、突然高額商品を購入し始めたダンナの行為は
命取りになった。
そして、マイナス分をボーナスで補填している事実をきちんと説明せず
やりくり上手の妻を演じようとした私の見栄がさらに家計破綻に追い討ちをかけ、
ついには100万円近い借金を作ってしまった。

手持ちの銀行系ローンカードが限度額一杯になり、
身動きの取れない状態になって初めて、
私はことの重大さを認識し、このブログを立ち上げたのだ。

その後、何度も夫婦間で話し合いを続けた。
あまりに違いすぎるお互いの認識に驚き、
危機感のないダンナの発言に、「離婚」の二文字を意識したこともあった。
だが、励ましのコメントを残してくれるブログ仲間や
「高額借金救済ページ」の管理人さんのアドバイスに支えられ、なんとか危ない山を越えることが出来た。
これまでアドバイスやコメントをくださった方々に心から感謝申し上げます。

ちなみに、今月からの住宅ローン支払い額は...

 年利1.081%! (変動金利のため2006年7月まで) 
 毎月の支払額74,937円 (△10,894円) 
 ボーナス月188,609円 (△41,542円!) 
 年間約358,072円 の支出削減になった。

なにより嬉しかったのは、「これを機に、カードローンの返済額を増やそう!」と
ダンナの方から申し出てくれたことだった。


  1. 2006/01/15(日) 18:47:20|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

新年!

おくればせながら、あけましておめでとうございます!

みなさま、今年も宜しくお願い致します。

すっかり更新をさぼっていますが、今年も節約&返済に励みます!!


  1. 2006/01/10(火) 20:56:47|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

想定外その3

いよいよ来年の1月に、住宅ローンの借り換え手続きが完了することになった。

その際、繰上げ返済手数料として52,500円という大金を支払わねばならない。
ところがっ!!
来年一月から、その手数料が改定されることになった。
東京三菱とUJF銀行の合併により、52,500円の手数料が
なんと21,000円にさがるというのだ。
その差、31,500円!!

ああ、合併万歳!

まさに想定外の結果だ。

ところで、今年一年、このブログに遊びにきてくださった皆様に
心から感謝申し上げます。
皆様のお叱りや励ましを糧に、どうにか今日までがんばることができました。
これからも、借金返済&家計建て直しに励みますので、宜しくお願い致します。


  1. 2005/12/29(木) 17:03:09|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

想定外 その2

2006年1月から、東京三菱銀行とUFJ銀行が合併する事になった。

我が家は、どちらの銀行ともお付き合いがある。
UFJ銀行が三和銀行だった頃、猫の名前で口座を作り、毎月急な病気や出費のためにコツコツと積立貯金をしていたのだ。
スヌーピーグッズ欲しさに娘の口座も三和に作り、お年玉などを貯金していた。
銀行も、合併につぐ合併でどんどん名前が変わり、愛着もなにもなくなってしまった。

本題からそれてしまったが、我が家の住宅ローンは、現在東京三菱銀行でお世話になっている。
しつこいようだが、金利はめっちゃ高い!
ローンを組んだのは5年前だから、まあ仕方ないことなのだが。
来年1月から、いよいよソニー銀行に住宅ローン借り換えをすることになり、
先日、1月現在のローン残高の証明書をもらいに東京三菱まで行ってきた。
住宅ローンを完済するということは、1000万円以上の金額を繰り上げ返済するのと同じことなので、
繰上げ返済手数料を請求される。その額、なんと5万円!!
手数料...いったい何に使うんだろうなぁ、高いなぁ...。
内心そう思って説明書類を読んでいると、カウンター越しに銀行員のお姉さんが訂正書類を持って現われた。

ちょっと晩御飯の時間が迫ってきたので、続きはまたあとで...


  1. 2005/12/26(月) 19:00:51|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。