猫好き主婦の家計建て直し計画
ちょっと足りない生活費、借りて返して、あっという間に100万円。建て直します我が家の家計。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出たことは、出たが…

おかげさまで、ダンナの会社から夏の賞与が出た。

金額は約43万円。
これくらいあれば、少しは贅沢ができそうにも思えるが、
これが、またたくまに消えてゆくのである。

支払いの遅れた自動車税49,500円

自動車保険49,290円

固定資産税22,000円

住宅ローンのボーナス払い分235,961円

ここまでで、すでに356,751円

残りの約73,000円で、延滞していた支払いを済ませると、ほぼ使いきりだ。
外食一回分すら残らない。

それなのに、ある日突然、ダンナが大きな荷物を抱えて帰ってくる。

 「ボーナス一括で買ったから。」 

中身は高価なキャンプ道具。テントだったりタープだったり。
その度に、私の心臓は凍りつく。
そんなことが何度が続いた。借り入れは膨らむばかり。

「もうやめて!」
結婚以来、私は泣いたことがない。
新婚当初ダンナが外に女を作ったときも、
昔の彼女と連絡を取っていたと知った時も、
涙することなく話し合いでけりをつけてきた。
だがこのとき、初めてダンナの前で涙を見せた。娘がその場にいなかったから気が緩んだのかもしれない。

ダンナは自分のお小遣いの中から分割で返すから家計には迷惑をかけないといいはるが、それが続いたためしはない。払うのは始めの2、3回。いつも、なしくずしに家計費から払う事になるのだ。
もちろん、きちんと取立てをしない私がいけないのだ。

さすがのダンナも驚き、もうカードで買物はしないと約束をしてくれた。だが、それはすでに何十万円もの買物をした後だった。

外の女と切れてからは、「飲む、打つ、買う」もなく、マジメに働き、家族を大切にしてくれるダンナから、せめてもの楽しみを奪うことはできないという気持ちがあだになった結果だ。

もっと早く、このボーナスの使い道明細を見せていれば、もうすこし借金も軽くてすんだかもしれない。

毎年、この時期になると反省する。
いつになったら、娘をディズニーランドに連れて行ってやれるのだろうか。


  1. 2005/07/11(月) 18:57:14|
  2. 借金の元凶
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

今月も...

やっぱりマイナス。

生活費のために使い込んでしまった売上を借り入れで埋めなければならない。
でも、今回はいつもと違って、いくぶん気持ちが楽だ。多分ゴールが見えたから。
完済まではまだまだ遠いが、一年以内に100万円のカードローン借り入れを返す!という目標を設定し、それに向かって走り出したからだと思う。

「高額借金救済ページ」に感謝!!

利息圧縮の強い味方「大車輪」のしくみを、分かりやすく図解入りで説明してくれている。
親切な管理人さんは、メールの返事がとにかく早い!相談にも、冷静に、詳しく返答を返してくれる。
ダンナに打ち明けられずに悩んでいる主婦の皆さん、ぜひ一度相談することをおすすめします。(相互リンクを貼っていますので、このページのリンク集から飛べます)

ちなみに、今月借り入れる予定額は5万円。これまで毎月、8万円~10万円借り入れて埋めていたことを考えると、随分借入額を押さえられたようだ。
このままいくと、毎月のマイナス取り戻せる日も近いだろう。

油断は禁物だけれど...


  1. 2005/07/06(水) 08:06:16|
  2. 借金の元凶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とんだとばっちり

我が家の家計が破綻した主な原因は二つある。

一つはダンナがオートキャンプなるものにハマリ、高額なキャンプ用品を次から次に買い揃えたこと。もう一つは、ディーゼル車排ガス規制である。

ディーゼル車を保有する我が家は、当然、買い替えあるいは、車を手放すことを迫られる。
車を手放すならそれでよかった。毎月のガソリン代も、高額な自動車税も払わずに済む。

だが、大酒飲みの父を持つ私は、車のない家庭で育ったが、大手自動車販売会社の営業マンを父に持つダンナは、車があるのが当たり前の環境で育った。そのギャップは大きく埋めがたい。

しかもダンナにはこだわりがあり、どうしても今乗っているディーゼル車と同じ車種のガソリン車に買い換えると言う。

無理だ。排ガス規制のせいで手放さざるを得ないディーゼル車のローンさえ、まだ2年も残っていると言うのに、一体どうやって新しい車のを手に入れるつもりなのか。

こういう書き方をすると、ダンナが一方的に悪いように聞こえるが、そうではない。悪いのは、そこで「絶対に無理だ!」と言い切れなかった私の決断の甘さなのだ。

ダンナには家計の内容などわからない、欲しいものは欲しいと言うのが当然だ。

だが、そこでもし家計の切迫した実情を口にしようものなら、必ずあのセリフが帰ってくる。

「悪いなぁ、俺の給料が安いから...」

結局私は押し切られ、手放したディーゼル車のローンに新しいガソリン車のローンを抱き込んで、あと2年で終わるはずだったローンが6年に延長されることとなった。借入額も、もちろん増えた。

あと2年で車のローンが終わる頃、長女がちょうど小学校入学になる。義務教育の6年間は一番お金がかからないときだから、思い切って二人目を作ろうね...そう二人で話したはずだったのに。

借金返済のためには、私が仕事を辞めるのは不可能だ。もうすぐ私も40歳になる。二人目は、永遠に望めないだろう。


  1. 2005/06/28(火) 22:58:25|
  2. 借金の元凶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。