猫好き主婦の家計建て直し計画
ちょっと足りない生活費、借りて返して、あっという間に100万円。建て直します我が家の家計。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オペレーター

電話の向こうから、さわやかなお姉さんの声が聞こえた。

サラ金のカードを申し込むのは生まれて初めて。心臓の鼓動が早くなり、声まで震えてきた。
簡単な質疑応答で一時受付終了。2~30分後に二次受付のオペレーターから折り返し電話が来た。二次受付では、さらに立ち入った内容の質問(職場の電話番号、本籍地、実家の親の名前や電話番号等)が交わされ、運転免許証と保険証のコピーをファックスする。その間、シンキ側は私の在籍確認のため、職場へ電話入れた。事前に私が営業の仕事をしていることを告げていたので、シンキのお姉さんは顧客を装って電話を入れてくれた。職場で怪しむ人間は一人もいなかった。

全ての手続きが終了し、審査結果を待つ。ほんの3~40分のあいだだったが、これほど待ち時間を長く感じたのは久々だった。



審査は無事通過。20万円までの貸付枠をゲットすることとなった。

サラ金で十万円以上の金額を借りるなんて、そんな恐ろしいことはとうていできない。
私は、とりあえず当座の入金に必要な額、5万円の振込みを依頼した。
お姉さんは快く了解してくれた。(当たり前か)
そして取引内容の説明をし、最後に優しい声でアドバイスしてくれた。

お客様のお借り入れ限度額は20万円です。限度額までまだまだ余裕がありますから、ぜひご活用くださいね♪」

説明されるご利用規約に、いちいち「はい」と相槌をうっていた私だが、さすがにこの言葉には素直に「はい」とはいえなかった。
スポンサーサイト



  1. 2005/06/19(日) 14:42:05|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nekosuki22.blog13.fc2.com/tb.php/6-62e8c0f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。