猫好き主婦の家計建て直し計画
ちょっと足りない生活費、借りて返して、あっという間に100万円。建て直します我が家の家計。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マリア・デュヴァルからの手紙

先日、海外からダンナ宛に白い封筒がとどいた。

差出人の名は「マリア・デュヴァル」
海外の雑誌やマスコミにも取り上げられている「現代の透視能力者」だそうだ。
マリアのプロフィールを載せた二色刷りのチラシのほか、便箋7枚に及ぶ
長い手紙が同封されていた。
しかし、文章はどういうわけか全て日本語。
抽象的な言葉で、何度も何度も受取人の不安を煽る言葉を繰り返す。
ご丁寧にダンナの実名を文中で親しげに何度も呼びかける周到さ。
使い古された詐欺の手口だ。

怪しい、怪しすぎる...。

これをダイレクトメール詐欺といわずして、なんと言おうか!

もちろん手紙は破棄したが、ためしに「マリア・デュヴァル」の名を
インターネット検索してみた。
結果!!出るわ出るわっ!!
「マリア・デュヴァルからの手紙」を受け取った人々のブログ、コメント数知れず!
中には、不幸にも詐欺にひっかかり、現金を騙し取られてしまった
とのコメントもあった。
殆どの人は、ブログのネタにするのみで、そんな手紙は一蹴しているようだが、運悪く騙されてしまった方たちのほとんどは、

事業が行き詰まっていた
借金に苦しんでいた
家族の入院でお金が欲しかった など、よんどころない事情があるようだった。
我が家にこんな手紙が舞い込んだのも、そもそもは借金の個人情報がどこぞで流出してしまったからなのだろう。

人の弱みに付け込むような、この手の詐欺は絶対に許せない。
だがその前に、私たち自身が、しっかりとした認識を
備えておかなければならないと思う。
楽してお金は入ってこない、世の中にうまい話なんてものは存在しないのだ。
絶対に!!

スポンサーサイト

  1. 2005/11/21(月) 21:10:02|
  2. 余談(ちょっと一休み♪)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。