猫好き主婦の家計建て直し計画
ちょっと足りない生活費、借りて返して、あっという間に100万円。建て直します我が家の家計。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

退会届

家計簿をつけるようになり、毎月自動引き落としされる項目を、もう一度見直すことにした。削れるものはできるだけ、削ってゆきたい。

電気・ガス・水道などの公共料金は、無駄をなくしてゆくしかない。携帯電話も仕事上必要なものなので削れない。もっとも、通話料は、夫婦二人で毎月6千円から8千円なので、そうムダ話をしているわけでもない。

住宅ローンの借り換えと生命保険の見直しは7月中にけりをつけるつもりだ。

通帳の記帳内容をチェックしながら、一番最初に削るのは、やはりNHKの受信料と新聞か...と思った時、ふとその下の、会費2625円という項目に目が止まった。

「なんだ、これ?」

よくよく調べてみると、娘の英語教材を購入した時、クラブの会員になっていたことを思い出した。会員には確かにかなりの特典がある。ネイティブの先生と電話でレッスンをしてもらったり、破損した教材を無償交換してもらえたり、イベントに半額で参加できたり...。

しかし、この特典、娘が小学校にあがってからは、一度も利用していないではないか?こういうのって、やっぱムダよね...。

というわけで、さっそく事務所へ連絡し、退会の手続きをとった。

娘が小さかった頃は、イベントへも出かけ、折り曲げてしまった教材の交換もお願いしたが、今後お世話になることは多分ないだろう。入会金さえ払えば再入会も可能だから、借金を払い終えて、家計に余裕が出来たら、またその時に考えればいい。

スポンサーサイト

  1. 2005/06/30(木) 11:52:04|
  2. 節約♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンキのお兄さん

シンキの借り入れは、24時間コンビニ返済できるのでとても便利だが、千円単位でしか返せない。

今回、243円の金利がついてしまったから、ネットバンク経由で返済をした。

念のため、入金確認の電話を担当営業所に入れたら、三円の過入金だという。来月またお世話になる予定があるので、過入金分は、そのまま預かってもらう事にした。

担当のシンキのお兄さん、とてもハキハキして仕事のできそうな好印象の人物だった。そんなシンキのお兄さんから「あのぉ、今月はご利用いただくことは出来ませんか?」なんて、融資のお誘いを受けてしまった。

ウワサには聞いていたが、サラ金にも営業所ごとのノルマが存在するのだ。

借りるほうも貸す方も、お互い大変なんだなぁ。

大丈夫、来月きっとお世話になるから、安心してね、シンキのお兄さん。


  1. 2005/06/29(水) 15:37:14|
  2. 余談(ちょっと一休み♪)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

とんだとばっちり

我が家の家計が破綻した主な原因は二つある。

一つはダンナがオートキャンプなるものにハマリ、高額なキャンプ用品を次から次に買い揃えたこと。もう一つは、ディーゼル車排ガス規制である。

ディーゼル車を保有する我が家は、当然、買い替えあるいは、車を手放すことを迫られる。
車を手放すならそれでよかった。毎月のガソリン代も、高額な自動車税も払わずに済む。

だが、大酒飲みの父を持つ私は、車のない家庭で育ったが、大手自動車販売会社の営業マンを父に持つダンナは、車があるのが当たり前の環境で育った。そのギャップは大きく埋めがたい。

しかもダンナにはこだわりがあり、どうしても今乗っているディーゼル車と同じ車種のガソリン車に買い換えると言う。

無理だ。排ガス規制のせいで手放さざるを得ないディーゼル車のローンさえ、まだ2年も残っていると言うのに、一体どうやって新しい車のを手に入れるつもりなのか。

こういう書き方をすると、ダンナが一方的に悪いように聞こえるが、そうではない。悪いのは、そこで「絶対に無理だ!」と言い切れなかった私の決断の甘さなのだ。

ダンナには家計の内容などわからない、欲しいものは欲しいと言うのが当然だ。

だが、そこでもし家計の切迫した実情を口にしようものなら、必ずあのセリフが帰ってくる。

「悪いなぁ、俺の給料が安いから...」

結局私は押し切られ、手放したディーゼル車のローンに新しいガソリン車のローンを抱き込んで、あと2年で終わるはずだったローンが6年に延長されることとなった。借入額も、もちろん増えた。

あと2年で車のローンが終わる頃、長女がちょうど小学校入学になる。義務教育の6年間は一番お金がかからないときだから、思い切って二人目を作ろうね...そう二人で話したはずだったのに。

借金返済のためには、私が仕事を辞めるのは不可能だ。もうすぐ私も40歳になる。二人目は、永遠に望めないだろう。


  1. 2005/06/28(火) 22:58:25|
  2. 借金の元凶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして月末...

再び月末。

すでに我が家の銀行残高は4910円となっている。これでは、今月もとても乗り切れない。

幸いな事に7月はボーナス月だ。ダンナに感謝。7月に入ったら、生命保険の見直しと住宅ローンの借り換え相談に行く予定だ。7月から家計建て直し&借金返済計画が本格スタートする。

このブログを立ち上げると同時に、家計簿をつけ始めた。

てきぱき家計簿マム3

メールチェックのついでに家計簿がつけられるから忘れないし、レシートをためてしまうこともない。たいした効果は期待していなかったが、家計簿をつけるだけで、随分お金の流れを把握し、セーブすることができた。

主婦歴14年にして、はじめて家計簿の威力を知った。(これまでは、つけても三ヶ月で挫折していたし)

月末のちょっとした生活費不足で、ついついキャッシングしてしまう主婦仲間のみなさま、まずは家計簿をつけることをおすすめします。パソコンでブログチェックができる方には「てきぱき家計簿マム」か「マルチ家計簿フクちゃん」(有料シェアソフト)がおすすめ。

だまされたと思ってやってみて。

本日、「借金ブログランキング」に正式参加した。親切にも、コメント欄にリンクの張り方を書き込んでくれた人がいた。感謝。

でも...リンクを張ったことを知らせたくても、掲示板がみあたらなくてできない...。


  1. 2005/06/27(月) 19:56:12|
  2. 節約♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めてのコメント&お誘い

昨日のブログに初めてコメントを残してくれた人がいた。


「借金ブログランキング」に参加しませんか?というお誘いだった。

私自身、ある人の借金返済記録のブログを読んで立ち直れたくちである。私の反省をこめたブログが、誰かの役に立てるのなら嬉しいことだ。

一人で悶々と思いつめ、袋小路で身動きとれずに悩んでいる時、その人のブログを読んで、目の前に明るい道が開けたような気持ちになった。

一人ではなにも思い浮かばなくても、おなじ悩みを抱えた人が集まれば、いい考えが浮かぶものだ。参加してみようかな。

あ、でも、パソ初心者の私には、リンクの張り方すら分からないや...。



新生銀行のカードが届いた。

24色の中から好きな色が選べるキャンペーンだとか。私はローズピンクにした。淡いブルーやパープルが好きだが、寒色は自信のなさのあらわれだという。これから家計建て直し&借金返済を戦って行かねばならないのだから、ちょっと強めの色でテンションあげていかないとね。



シンキの借り入れを返済した。
もともと4万5千円でいいものを、「万単位で借りてくれ」というから、売上の穴埋めに4万円をいれ、残った一万円は使わないようにずっとしまっておいた。(これは結構精神力がいった)

24時間コンビニの機械で返済可能だから超便利!ありがとう、シンキのお姉さん!!


  1. 2005/06/22(水) 21:53:41|
  2. 余談(ちょっと一休み♪)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

家計建て直し計画 2

その夜、私は、我が家の家計の危機的状況を正直にダンナに説明した。

こういう時のダンナの決まり文句は「悪いなぁ、俺の給料が安いから...。」

このセリフを言われると、いつも私は黙ってしまう。一人でなんとかしようとしてしまう。それが100万円にものぼる借金の元なのだ。

朝の9時から夜の10時近くまで、残業手当ももらえずにマジメに働いているダンナに、こんなセリフを言わせたくない。今までずっとそう思ってきた。だがこのセリフ、今の私には、ただの逃げ口上にしか聞こえない。このセリフの裏には、「だからお前がなんとかしろよ。」という陰の言葉が見え隠れしている。

だから今回は黙らない。給料が高い安いの話ではない。
「謝れなんていってない。この数字を見て、真正面からこれを見て、これからどうしたらいいのかを一緒に考えて!」

尋常ならざる雰囲気を感じ取ったのか、ダンナは神妙に机の上に置かれたレポート用紙に視線を落とした。

夫婦二人の一ヶ月の手取り364,059円
我が家の一ヶ月の支出349,598円
余剰金はたったの14,461円である。

もし誰かが死んだりしても、香典も払えないような状況だ。結局月末になり、家計費が不足して、私は自分の売上に手を付け、それを穴埋めするために銀行のカードローンのお世話になってきたのである。


  1. 2005/06/21(火) 14:49:47|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

家計建て直し計画 1

シンキのお姉さんのおかげ(というわけでもないが)で、なんとか仕入先への入金をクリアすることができた。
この二日間、資金繰りのことばかり気になって、仕事も手につかず、同僚からも顔色が悪い、元気がないと言われっぱなしだった。こんな状態で営業成績が上がるはずもない。

こんな思いをするのはもう嫌だ。

この日から、私の「借金返済&家計建て直し計画」が始まった。


  1. 2005/06/20(月) 20:49:08|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オペレーター

電話の向こうから、さわやかなお姉さんの声が聞こえた。

サラ金のカードを申し込むのは生まれて初めて。心臓の鼓動が早くなり、声まで震えてきた。
簡単な質疑応答で一時受付終了。2~30分後に二次受付のオペレーターから折り返し電話が来た。二次受付では、さらに立ち入った内容の質問(職場の電話番号、本籍地、実家の親の名前や電話番号等)が交わされ、運転免許証と保険証のコピーをファックスする。その間、シンキ側は私の在籍確認のため、職場へ電話入れた。事前に私が営業の仕事をしていることを告げていたので、シンキのお姉さんは顧客を装って電話を入れてくれた。職場で怪しむ人間は一人もいなかった。

全ての手続きが終了し、審査結果を待つ。ほんの3~40分のあいだだったが、これほど待ち時間を長く感じたのは久々だった。



審査は無事通過。20万円までの貸付枠をゲットすることとなった。

サラ金で十万円以上の金額を借りるなんて、そんな恐ろしいことはとうていできない。
私は、とりあえず当座の入金に必要な額、5万円の振込みを依頼した。
お姉さんは快く了解してくれた。(当たり前か)
そして取引内容の説明をし、最後に優しい声でアドバイスしてくれた。

お客様のお借り入れ限度額は20万円です。限度額までまだまだ余裕がありますから、ぜひご活用くださいね♪」

説明されるご利用規約に、いちいち「はい」と相槌をうっていた私だが、さすがにこの言葉には素直に「はい」とはいえなかった。


  1. 2005/06/19(日) 14:42:05|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ためらい

サラ金の建物に足を踏み入れるのは、かなり勇気のいるものだ。誰かに見られるかもしれないし、手続き終了まであの事務所の中で待つのは、かなり気まずいものがある。そこで私は、インターネット手続きで申し込む事にした。

自分の住所、電話番号等、おきまりの個人情報を入力し、次の画面へ進む。

次ページの入力項目を見た時、私は一瞬ためらった。自分の旧姓や実家の親の名前を入力しなければならなかったのだ。

今の時代、その気になればこの程度の情報はあっという間に調べられるだろう。だが、サラ金の書類の上に、自らの手で親の名前を記す事に、私はどうしても罪悪感を感じずにはいられなかったのだ。

罪悪感を押し殺しながら入力を続けたが、無言の重苦しい作業に耐え切れず、ついに私はフリーダイアルのオペレーターによる手続きに切り替えた。


  1. 2005/06/18(土) 21:08:30|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめての...

しかし、いくらためになるとはいえ、他人のHPを読み、感心しているだけでは何の解決にもならない。

まずは資金調達が最優先課題である。

意を決し、「シンキ」のローンカードを申し込む事にした。この日、生まれて初めて私はサラ金のカードを手にする事になった。


  1. 2005/06/17(金) 20:58:56|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギャンブラーの大車輪

仕入先への入金期限が迫る中、私はこのページを読みあさった。

数百万の多重債務をかかえながら、日々借金の返済に励む人たちが、自らの体験をもとに綴った返済記録は、不安に押しつぶされそうな私に、一筋の光を与えてくれた。

自分の4~5倍の債務を抱えながら、その状況を冷静に判断し、少しずつではあるが、確実に借金を減らしてゆく彼らのブログが、その日から私の道標になった。


  1. 2005/06/16(木) 21:39:20|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あと二日...

仕入先への入金期限まであと二日。

頭の中を、さまざまな考えがよぎっては消える。



手持ちの銀行系ローンカードは限度額一杯。

サラ金に手を出すのは身の破滅。



だがしかし、時間がない。


考えた末、「借金返済」のキーワードでネット検索をかける。

そこには、ギャンブル等で作った多額の債務を返済する人たちの
ブログやHPが並んでいた。


「大車輪」


私がこの言葉を知ったのは、まさにこの時だった。


  1. 2005/06/15(水) 19:56:28|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついに...

いつかは、こんな日がくるとわかっていた。

いつもの月末。

見慣れた借り入れ専用カード。

ただ一つ違うのは、ATMの画面上のメッセージ。




限度額を超えています

お取り扱いできません





奇妙な安堵感の後に襲ってきたのは、大きな不安



ここで借り入れが出来なければ、仕入先への入金ができない...。


  1. 2005/06/14(火) 21:42:45|
  2. 返済&建て直し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。